度肝を抜かれるような、タイムトラベル系のパラドックスを教えてください

度肝を抜かれるような、タイムトラベル系のパラドックスを教えてください

ロバート・ハインラインの輪廻の蛇 (原題: All You Zombies) [1] に違いないでしょう。(全体は [2] から引用)

1945 年にクリーブランドの孤児院に女児が置き去りにされます。”Jane” は両親を知らない事による落胆と、孤独を感じながら育ちますが、1963 年のある日、とある放浪者に惹かれ恋をします。が、ようやく物事が良い方向に向かおうとしたときに災難が次々と襲ってきます。まず彼女は放浪者の子供を宿しますが、その後に放浪者は姿を消してしまいます。次の不幸では複雑な出産の最中に Jane が男性と女性の両生殖器をもっている事を医者が発見し、彼女の命を救うために、やむなく Jane を強制的に女性から男性に転換します。そして最後に何者かが彼女の赤子を分娩室から誘拐します。

次々と襲いかかってくる災難、社会からの否定、運命に軽視された事により “彼” は飲んだくれになり、放浪者となります。Jane は両親と愛する者を失っただけではなく、唯一の子供すら失ったのです。

数年後の 1970 年に彼は “Pop’s Place (親父んち)” という名の廃れたバーに足を踏み入れ、自分の哀れな物語を年配のバーテンダーに語ります。同情したバーテンダーはタイムトラベラー隊 (time travelers corps) に参加する事を条件に、自分を妊娠させ見捨てまでした流れ者に復讐するチャンスを提案します。二人はタイムマシンに乗り込み、バーテンダーは放浪者を 1963 年で降ろします。そこで放浪者は不思議と若い孤児の女性に惹かれ、その女性は後に妊娠します。

バーテンダーは、そこから 9 か月先の世界に向かい赤子を病院から誘拐し、1945 年の孤児院に置いていきます。そしてバーテンダーは完全に混乱している放浪者をタイムトラベラー隊に入隊させるべく、1985 年まで連れていきます。放浪者は結局、人生をうまくまとめ、タイムトラベラー隊で尊敬される年長メンバーとなります。そして彼はバーテンダーに扮装し、もっとも困難なミッションに取りくみます: 運命とのデート、1970 年に “Pop’s Place” で特定の放浪者に出会うことです。

さて、問題は: Jane の母、父、祖父、祖母、息子、娘、孫息子、孫娘は誰なのか?孤児院の女の子、放浪者、そしてバーテンダーはもちろん、同一人物です。こういったパラドックスは頭をクラっとさせられます、Jane のねじれた家系のもつれを解こうとするとなおさらです。Jane の家系図を描くと、円を描くように全ての枝が自身に周りもどってくる事がわかります。なんと、彼女自身が自分の母であり、父でもあるという驚くべき結論に至ります!彼女自身が家系図なのです。

Author: knohsupport